組地ハル

記事一覧(40)

2018年、映画の話

2018年も残すところあと1日と少し。今年も皆様には大変お世話になりました。組地ハル的には、とても良い一年になりました。スガさんのライブOAや京都国際映画祭など、様々な場所でライブができたこと、とても嬉しく思っています。来年は更なる飛躍を! と思いつつ…、今年は映画54本観ることができました。なんとか目標達成。とりあえず、観た作品の中から、個人的トップ10を晒す。(「*」は劇場観賞)ーーーーーーーーーーーーーーーーーー1位:*ボヘミアン・ラプソディ2位:*万引き家族3位:*グレイテスト・ショーマン4位:しあわせの絵の具 愛を描く モード・ルイス5位:*A GHOST STORY6位:*カメラを止めるな!7位:マザー!8位:スリー・ビルボード9位:チョコレートドーナツ10位:LION〜25年目のただいまーーーーーーーーーーーーーーーーーー劇場観賞とDVD、ごちゃ混ぜですわ。一応、初めて観たシリーズでまとめてみました。詳しい感想を書き出すとキリがないので自重しますが、やっぱ洋画のクオリティは高いなーって思いますね。特に音楽的に今年は豊作だなと感じました。(ゴーストストーリーもめちゃ良かった…!)「アリー」まだ観てないので、来年観に行こうと思っております。さて、来年は何本観ようかな。映画は大事なインプット材料で、ソングライターとして重要な糧なので、引き続き観ていきたいなと思っています。2019年もどうぞよろしくお願いいたします。組地ハル

祝婚歌

7月から定期的に走っていて、そのお陰で身体はだいぶスッキリしています。健康だなーって思うのですが、ここ3日はずっと頭が痛くて横になってる時間の方が長い…。暑さのせいなんですかね。だいぶ慣れたつもりですが、やはり状態があまり良くないので早く治してライブに備えます。昨日の晩、これまで自分が作ってきた曲を整理していたのですが、気がつけば60曲を超えていました。お蔵入りになった曲や、もう忘れてしまった曲を含めたらゆうに100曲を超えているようです。数がどうこう、というより、それだけ伝えたいことがあるんだなっていう方が驚きでした。たぶん10年活動されてる方はもっと多いんですけどね。僕はだいぶ少ないと思います。でも去年から20曲近く増えているので、ペースはかなり早くなってきているかと。そして今年の後半も、作る方に専念していきます。曲を作る、というのは、音楽をしていて一番好きな作業なのですが、同時に、一番辛いです。一番孤独だなといつも感じています。それで、気分転換に散歩に出たり、最近は詩集を読んだりしています。吉野弘著の詩集が好き。「二人が睦まじくいるためには愚かでいるほうがいい立派すぎないほうがいい立派すぎることは長持ちしないことだと気付いているほうがいい完璧をめざさないほうがいい完璧なんて不自然なことだとうそぶいているほうがいい二人のうちどちらかがふざけているほうがいい」今年は結婚式に参列ことも多くなっているので、とても胸に沁みました。また曲作りに励みます。日差しは容赦なく照りつけていますので、皆さま水分補給は忘れずに。夏を乗り越えて、良い秋を迎えたいですね。